20代の曲がり角

26歳が日々の試行錯誤を繰り返すブログ。お金やら、キャリアやら。

国内パック旅行は「航空会社の公式サイト」が一番おトク説?

北海道に行ってきた

この夏、北海道旅行に行ってきた。
夏といってももう秋めいていて寒いぐらいだったけど。

北海道はこれで3回目。毎回の札幌に飽きて、今回は帯広空港に着き、星野リゾートトマムという北海道を代表するリゾートホテルでひたすらにダラダラしていた。震度7という大地震の直後で旅行客はなんだか少ない気がした。

f:id:sawalot:20180930172652j:plain

国内旅行の手配

国内旅行のとき、特に飛行機を伴う長距離旅行の時は、僕はパック旅行を使うことが多い。
じゃらん楽天トラベルなどなど色々なサイトがあるけれど、色々な旅行会社のパック旅行を比較できる「トラベルコ」をよく使っていた。

同じ場所に行くならそりゃ安い方がいいので、価格で比較できるトラベルコは結構便利なのだ。
トラベルコちゃん、かわいくて愛嬌あるしね。

f:id:sawalot:20181001221238j:plain
トラベルコちゃん。

でも今回の北海道旅行で気づいてしまった...実は「航空会社の公式サイトのパック旅行がおトク」ということに。

実際に比べてみた

今回利用した「JALダイナミックパッケージ」と、トラベルコで調べてヒットした最安のツアーを比べてみる。

【条件】
日程は10/20-21の週末。
東京を朝9:30に出て新千歳に11:00着、トマムに泊まり翌日20:00新千歳発の便で東京に帰る。 

【結果】
(左)トラベルコの最安値プラン
(右)「JALダイナミックパッケージ」のプラン

f:id:sawalot:20181001212114p:plain
f:id:sawalot:20181001212126p:plain

→あれ!?やっぱり、JALの方が安い。。。

 「航空会社のパッケージプラン」がおすすめのワケ

トラベルコのプランよりも安い(時が多い)

なぜ安いか?それは、航空会社が直接販売しているから。
トラベルコに載っているツアーだと、ツアー代金に「ツアー会社のトラベルコ掲載料」と「ツアー会社の手数料」が乗っかっているはず。この分だけ当然高くなるので、航空会社の公式サイトで予約した方が安いというわけ。 
同じ場所に行くなら、そりゃ安い方がいいよね。

キャンセル規定のゆるさ

トラベルコなどのパッケージの場合、だいたいキャンセル料は30日前から発生する。ANAの「旅作」やJALの「ダイナミックパッケージ」なら、20日前までキャンセル料なしでキャンセル可能。

マイルがより貯まる

航空会社の公式サイトだから、トラベルコのプランよりも当然、マイルが貯まる。
トラベルコのプランもマイルが貯まるけど、率が低かったりする。

サイトのUIがめっちゃ良い(シンプルで見やすい)

トラベルコのサイトは「旅行プランの比較」に重きを置いているので、情報量がめちゃくちゃに多い。だから見ていて疲れるし、何が良いプランなのかわからなくなってしまう。
その点、JALANAのサイトは「飛行機を予約すること」「ホテルを予約すること」に特化しているので、UIがシンプルでとても見やすい。
見やすいUIは気楽だし、予約の手続きがポンポン進んで行くのは楽しい。

オプションが結構良い

レンタカーや観光施設の入場料の割引など、オプションがかなり充実している。
トラベルコのプランの方がちょっと安くても、オプションを考えればJALANAのプランの方が安くついたりする。

結局航空会社の公式サイトが一番?

旅行をする時、一番面倒なのは「比較」をすること。安いプランを探すこと。
JALANAの公式サイトを使えば簡単に予約ができるはず。

・JALのダイナミックパッケージ
・ANAのダイナミックパッケージ「旅作」

台風の進路を把握するには

また台風が日本を襲っている。
今月頭に関西地方を中心に襲った台風21号に引き続き、今回は台風24号

f:id:sawalot:20180930144322p:plain
2018/9/30お昼時点の台風進路予想図

また関西直撃の予想で、関西地方の鉄道や21号の被害の大きかった関西国際空港はほぼ全面運休、USJも休止と、今回の台風もいかに大きな被害が予想されているかがわかる。
(先ほど首都圏のJRも20時以降運転見合わせの情報あり)

台風24号のようにがこれだけ日本に近づいてくると、予想進路も確定されニュースで頻繁に取り上げられるようになるのである程度予測はつくけど、
ちょうど今24号の後を追うように発生した25号のように、「発生したて」の台風の予測は立てづらい。

もちろん台風がどう進むかなんてその時の風の状況や気象条件によって全く異なるので、結局「運次第」なのだけど、「いつごろ日本に来そうか」がある程度わかれば、色々な予定も立てやすいのではなかろうか。

僕は特に、旅行など大事な予定が入っている週末の1週間ぐらい前に、日本に直撃しそうな台風が発生した場合には常に台風情報を見るようにしていて、その時に使っているものを紹介する。

まずは安定の「気象庁

言うまでもなく、気象庁が出している予測は信用できるよね。
日本のメディアやYahoo天気などで配信されている情報は、基本的に気象庁の情報に基づいている。

気象庁 | 台風情報

Joint Typhoon Warning Center (JTWC)

JTWCとは、アメリカ・ハワイの「米軍合同台風警報センター」のこと。
本来米国の政府機関による利用を意図した台風情報サイトだけど、一般の人も使えるようになっている。

Joint Typhoon Warning Center (JTWC)

つまり「アメリカの機関(海軍)の見解」を見ることができるってわけ。なんとなく信用できそうだよね(笑)。
基本的には気象庁と変わらないことが多いけど、気象庁よりも正確な時もあるので、参考程度に見ている。
f:id:sawalot:20180930154102p:plain

ちなみに、この図の時間は世界標準時になっているので、日本時間だと+9時間する必要あり。

Windy.com

世界各国の現在、そして今後10日間までの風の情報をビジュアル的に見ることができる。
例えば、2018年9月30日の15:38現在、日本周辺の風の状況はこんな感じ。
四国の下あたりに台風24号が鎮座していて、その周辺でものすごく強い風が吹いていることがわかる。
「台風の東側は風が強い」とよく言うけど、これを見れば一目瞭然。

f:id:sawalot:20180930154427p:plain

Windy自体は外れることも多いので本当に参考程度。
ただ10日先までの予報を教えてくれるので、「台風が来るとしたらいつぐらいに来そうかな〜」という目処がなんとなくでもわかり気持ちが楽になるはず。

まだまだ色々ある、各国サイト

各国政府や各国のサイトでも台風情報を色々見ることができる。
最近Twitterでよく「各情報機関の予測」という形でたくさんの予測経路を目にしたりすると思うが、多分こういったサイトを参照しているはず。
色々見てると、結構楽しかったりする。

中国

台湾香港地下天文台

※非公式サイトだけど、各国の進路予報を比較できる便利なサイト。

今日はこんなところで。
これから台風が来るところは、ほんと気をつけましょうね。

日経新聞を無料で読む方法

日経新聞は・・・正直高い

数年前社会人になった途端「日経読め」と上司に言われ、まずは購読を始めたんだけど、やっぱり高いよね。

参考:
・宅配(朝・夕刊セット版):4,900円
・電子版(宅配なし):4,000円
・宅配+電子版:5,900円

社会人なり立てのお金がない、出費がかさむ時期に、月5,000円新聞に払うのは結構痛い...。でも、なんとなく読んでいないと不安。というか、読むにこしたことはないんだよね...。

日経電子版の記事は月に10本だけ、無料で読むことができるけど月に10本。少ない...。

ということで、「何とか安く読めないか」と試行錯誤をした結果、
「証券会社の口座開設をすれば、タダで日経新聞の記事を読める場合がある!」ということがわかった。

「日経をタダで読める」証券会社は3社のみ

日本には2017年末で265社の証券会社があるらしい。
その中でも現在「日経をタダで読める」サービスを展開しているのは、以下の3社のみ。意外と少ない。

日経新聞の記事をタダで読める」サービスを展開している証券会社(2018年9月末時点):
丸三証券
大和証券
楽天証券 

サービスは一律ではなく、ちょっとずつ違う。
ただ1つだけ言えるのは、もし「日経新聞の記事をタダで読む」ことを目的とするなら、断然「丸三証券」がおすすめだということ。

それはなぜか、簡単に解説していく。

(各社共通)そもそもどんな形で新聞記事を読めるのか?

「口座を開設すれば新聞記事がタダで読める」
とは一体全体どういうこと?と感じたと思う。

新聞記事自体は、各社の口座のwebページから、日経が開設している「日経テレコン21」というサイトにジャンプし、その「日経テレコン21」というサービス上で閲覧することになる。

つまり、日経電子版のサイトがタダになるわけではなく、「日経テレコン21」のサービスの利用がタダになるというわけ。

ただ、この「日経テレコン21」がすげえやつで、
・その日の日経新聞の記事が全て読める
・過去の記事ももちろん全て読める
・記事の検索も自由自在(企業名とかキーワードでなんでもでてくる)
といった感じなのだ。

気に入った記事をpdfで取り込むこともできるすぐれもの。

つまり、各社の口座を開設することでこの「日経テレコン」サービスを使えるようになるわけ。(ただ、各社によって使えるサービスの幅が違う。)

一番オススメは「丸三証券

日経新聞をタダで読む」ことを目的とするなら、丸三証券が一番オススメ。
なぜなら、「口座を開設するだけで」「過去1年分の記事の検索ができる」から。

大和証券楽天証券は「日経新聞をタダで読む」にはそれぞれ条件が必要だったり、「直近3日間の記事のみ」といった制限がかかっているのに比べれば格段に条件が良い。

日経新聞をタダで読める」3社の比較

丸三証券(オススメ):
口座を開設するだけ、条件一切不要で直近1年分の記事を読める。

楽天銀行
専用ソフトのダウンロードが必要。
専用ソフトを無料で使うには下記のいずれかの条件を満たす必要がある。
1. 新規口座開設から3か月間
2. 信用口座、先物オプション取引口座、楽天FX取引口座の開設
3. 預り資産残高30万円以上
4. 過去3カ月に一度でも約定がある
※読める記事は最新3日分のみ

大和証券
口座管理料が必要。(ただし「eメンバー」になると無料)
※読める記事は最新3日分のみ

 丸三証券の口座開設はこちらからどうぞ!

「料理代行」を頼んでみたら、最高すぎた話

とあるきっかけで「料理代行」サービスを使ってみたら、最高すぎて書きたくなったので書いてみた。

いろいろある「料理代行サービス」

世の中にはたくさんの料理代行のサービスが存在する。
多くのサービスは、アルバイトなどで雇われた(主に)主婦層の方が、「家事代行」として、時間がないユーザーに代わって掃除や洗濯、買い物などのサービスを提供している。
料理代行はその「家事代行」のうちのイチサービスとして位置付けられていることが多い。

代表的なサービスはこんな感じ。

ちなみに、もう1つ代表的なサービスとして「DMMおかん」があったのだが、2018年9月30日をもってサービスを終了してしまうそうな。
供給(スタッフ側・サービス提供側)に限界があったか、競争が激化して撤退する判断をしたのか、まあそのどっちもなんだろうなと推測。

使ったのは「Casy」

僕が使ったのは「Casy(カジー)」
Googleで「料理代行」と検索すると一番上にヒットするし、
サイトの作りもシンプルでなんとなく一番安心感があったからだ。

そもそもなぜ料理代行なんて頼もうかと思ったかというと、
最近の暴飲暴食、連日のコンビニ弁当が祟って顔にニキビが出きまくってしまい、「そろそろやべーぞ」と思い始めたのがきっかけ。

体の不調はだいたいニキビや口内炎で感じるタチなので、こりゃちゃんと食わんとまずいぞ、と思い料理代行をお願いした。

マッチング成立まで

Casyに会員登録をすると、「掃除代行」や「料理代行」など各種サービスを選択することができて、「料理代行」を選ぶとこんな画面に。

f:id:sawalot:20180813233524p:plain

和食、洋食、どんなメニューもリクエストができる。
僕はきんぴらラバーなので、きんぴらごぼうを作り置きで大量に作ってもらうことに。
(実はコメント例で「きんぴらごぼう」が入っているから、みんな好きなんだろうなー)

f:id:sawalot:20180813233614p:plain

メニューは3時間から。3時間だとだいたい6品ぐらい作ってくれて、4時間だと10品、5時間だと15品ぐらい。家族の人数や作ってほしい量に合わせて時間を調整する。
もちろんその時間分チャージされる。

f:id:sawalot:20180813233832p:plain

料理代行の場合1時間2500円で、ミニマムが3時間なので2500×3で7,500円かかる。
これに交通費で700円。その他消費税などもろもろ。
使う頻度が高ければ当然、時間当たりの単価も安くなる、という仕組み。

で、その後は希望時間帯を選ぶ。

f:id:sawalot:20180818110034p:plain


「◯時から◯時」のように指定ができるわけではなく、こんな感じでこちらの空き時間を登録しておいて、キャスト(代行に来てくれる人)が時間を指定してくれる。

キャストの人の空き状況にもよるので、直前すぎたり天候が荒れる予報があったりするとマッチングが成立しないことも当然ある。
(実は僕が利用をした時も、1回目は台風が接近中に予約をしてしまったので、当然来れる方がおらずマッチングが成立しなかった。目安としては、5〜6日前ぐらいから予約しておくのがベター。

無事マッチングが成立すると、来てくれるキャストさんと来てくれる時間が決まる。
僕の場合、30代の主婦の方が来てくれることになった。

マッチング成立後

① メニューの決定

マッチング成立後はキャストさんとチャットで会話をする。
事前にリクエストしていたきんぴらごぼうはもちろん、突飛なもの出ない限り、なんでもリクエストできるようだ。

リクエスト品以外の料理は、向こうから定番メニュー(和洋中)を提案をしてもらえる。
僕の場合、
・ロールキャベツ
・豚汁
・ポトフ
など、野菜をたくさん取れるメニューを中心に選び、合計8品ぐらいになった。

② 食材の購入

メニューが決まると、料理に必要な食材や調味料、そして用意すべき分量を事細かにすべて教えてくれる。
(人参2本、玉ねぎ3個、豚バラ肉300g、などなど。)

それを見ながら自分でスーパーに行き買い物をするのである。
もちろんこの買い物も1,500円で代行してもらうことができる。
今回の場合、家にない調味料を揃えたりしたので、3,000円ぐらいかかってしまった。

③ 料理代行当日

キッチン周りを少し綺麗にしておいて、あとは住所を教えてあるので来てくれるのを待つだけ。

今回来ていただいたのはとても感じの良さそうな主婦の方だった。
挨拶もそこそこに、頭に三角巾を巻き、エプロンを着けて、ウチの狭いキッチンで調理を開始してもらう。

一人暮らしの家で、誰かがキッチンで料理を作ってくれるのは良いもんだ。
実家に帰って来たかのような錯覚を覚える。

作ってもらっている間の3時間は、残った仕事をこなしたり本を読んだり、自分の時間を有意義に過ごした。
8品も作ってもらうので間に合うかな、と思っていたけど全く心配いらず。
ちょうど3時間でこんなにたくさん作ってもらった。

f:id:sawalot:20180811145640j:plain

実はこれで全部じゃない。もう2品ぐらいある。。。そのぐらいたくさん作っていただいた。

3時間かけて作っていただき、最後は綺麗に掃除とゴミ捨てまでしていただいてしまった。

④ 1週間かけて食べる

1人暮らしにしてはとんでもない量の作り置きを作ってもらったので、毎日必死に食べた。
毎日家に帰ると料理があるのはやっぱり幸せ。
これだけで日々の仕事を頑張れるなと思った。
(ちなみに、全ての料理の冷凍/冷蔵の賞味期限・消費期限もメモを残してくれるという心遣い。すばらしい。。。)

ただ、大量の料理を食べきらなくてはならず、食事の誘いも「家に大量にご飯があるんだよね・・・」と断わざるを得ず(笑)
「え、結婚でもしたのか?」とか言われたけど、違いますw

家事代行/料理代行サービスの可能性

今回初体験だったが、期待良い以上のサービスを提供していただいたなと思う。
掃除代行ももちろんそうだが、代行をしてもらっている間、自分の時間を有効に使えるのはありがたい。

とくに時間のない共働き家庭とか、主夫・主婦なんかはめちゃくちゃありがたいサービスだろうな、と思う。

これはユーザー側の視点だけど、供給側(サービス提供側)の視点で言えば、専業主婦の方や時間に余裕がある人が、代行の担い手になってお金を稼げる、というのは非常に良い仕組みだと思う。
まさに「シェアリングエコノミー」的発想で、もっと多くの人にサービスを利用してほしいし、サービスの担い手になってほしいなと、純粋に感じた。

 

掃除や料理をする時間がない方、掃除や料理に疲れてしまった方、誰でも一度は代行サービスを使ってみてほしいなと思う。
外注できるところは外注して、自分の時間をもっと楽しもう。

レオパレスの「エアコン問題」の実際

レオパレスのエアコンが3時間で切れる」

昨日からこのニュースをよく見る。
この猛暑で問い合わせが1000件以上あったとかなかったとか。

mainichi.jp

レオパレスの都市伝説」はたくさんある。

・エアコンが勝手に切れる。
・チャイムならされたと思って玄関を開けたら、四軒隣の部屋だった。
・チャイムが聞こえ今度こそはと思ったけど、やっぱり隣の部屋だった。
・チャイムを鳴らしたら住人全員が出てきた。
ティッシュを取る音が聞こえてくるのは当たり前、携帯のポチポチが聞こえることも。
・お気に入り詳細を見る。
・爪切りの音も聞こえる。
・納豆をかき混ぜる音も。
・壁ドンしたら壁に穴が開いた。
・というか、穴が開いたあとも開くまえと聞こえてくる音は変わらなかった。
・壁に画鋲をさしたら隣の部屋から悲鳴が聞こえた。
・隣二部屋を借り、「これで防音ばっちりだ」と思ったが、さらにその向こうの部屋の音が聞こえてきた。
・右の隣の部屋の住人が屁をこいたら、左の部屋の住人が壁ドンしてきた。
・すかしっ屁の音が聞こえる、というか臭いもする。
・だけど家賃6万。
・業績悪化でさらに壁が薄くなる。
・将来的には壁がなくなる可能性も。

matome.naver.jp

上に挙げたやつはほとんどが文字通り「都市伝説」だけど、
今回話題になってるのは1番上の「エアコンが勝手に切れる」。
いや、ほんとに3時間でプツっと切れるんだよね、都市伝説じゃなく。
(だから話題になってるわけだけど...)

レオパレスに住んでみた

ちなみに、僕はレオパレス1年弱住んだことがある。
会社で遠方への出張を命じられ、結局出張で終わらずレオパレスを借りてしばらく仮住まいとしていたことがある。

上に挙げた都市伝説ほどはないけど、自分の場合、こんな感じ。(全て実話です)

・エアコンが3時間で勝手に切れる
・自分のスマホのバイブが鳴ったと思ったら隣の家のだった
・隣の部屋の女子大生の笑い声が聞こえる
・隣の部屋のおっさんのくしゃみが聞こえる
・隣の部屋のおっさんの電話の声が聞こえる(話の内容はわからない)
・隣の部屋の風呂の水を出す音が聞こえる
部屋や物件によって差はあります。あくまでも体験談。僕が住んでたレオパレスは周囲を田んぼに囲まれるような田舎だったこともあり、音が通りやすかったのかもしれない。

で、レオパレスって実際どうなの?

色々といわくつきのレオパレス
けど、よっぽど僕にとっては住むには十分快適だった。
よっぽど神経質な人だったら我慢ならないかもしれないけど、1ヶ月も経てば慣れる。
だいたいのことはそんなもんです。

f:id:sawalot:20180801224522j:plain
これはベッド。階段上になっていて、この上に布団を敷く。寝るときはこの階段を登る。下にも寝られるスペースはあるけど、ドラえもんみたいになる

f:id:sawalot:20180801223733j:plain

キッチン。せまいけどちゃんとコンロも2口。(電気コンロだけど)ここでよくご飯を作っていたなあ。焼きそばばっかりだったけど。

それはさておき、エアコン問題

今からレオパレスに住もうとする方は新築を選べば3時間で切れないエアコンを使えるかもしれないけど、今もう住んでいる方はそう簡単にエアコン変えられない。

じゃあどうする?

リモコンを変えましょう。

この問題を受けてレオパレスがリモコン配ってくれていますよ。お試しあれ。。

エアコン3時間タイマーの解除方法|賃貸のレオパレス21|賃貸アパートやマンスリーマンション、一人暮らしの物件情報

アメリカ発の電気自動車「テスラ」試乗体験記

突然の試乗チャンス

少し前になるけど、アメリカの電気自動車メーカー「テスラ」のクルマに試乗させてもらう機会があった。

日本では電気自動車といえば日産のリーフが有名だけど、そもそも電気自動車を走らせるために十分な設備が整っていない日本では、当然のごとく電気自動車であるテスラ車はほぼ走っておらず、「見れたらラッキー」ぐらいな有様だ。

たまたまとあるイベントにテスラのクルマが展示されていて、
適当に見ていたらテスラの社員に声をかけられ、そのまま試乗を予約してもらった。

試乗当日

予約は約1か月後。あっという間にその日はやってきた。

関東近郊だと青山とみなとみらいにショールームがあるらしいが、都内をテスラで走りたかったので青山を選んだ。青山のショールーム伊藤忠のビルと青山通りを挟んだ向かいにあって、近くにあるポルシェのショールームと比べると、店もこじんまりとしていた。

案内されたクルマがこれ。

f:id:sawalot:20180731230739j:plain

ういーん!って言ってドアが上に開く。こういうのを「ガルウィング」っていうんだって。(へー)

Model S"という高級モデルで、普通に買えば1000万超え。めっちゃ高級車。

「え、何このドアの開き方?映画じゃん!」みたいな。
ただの庶民なので、この時点でもうすでに興奮しっぱなし。

テスラは電気自動車でエンジンがない分、ボンネットはすっからかん。

f:id:sawalot:20180731230753j:plain
これは試乗予約した時のイベントで撮影した

ここにモノを収納したりできるらしい。すげー。収納スペースいっぱい。

最初はテスラの社員さんにハンドルを握ってもらい、操作方法を教えてもらう。
テスラの特徴は何といっても中央に鎮座する大画面モニター。

f:id:sawalot:20180731230752j:plain
このモニターを使って基本的な操作(マップや音楽はもちろん、空調や照明まで運転以外の車内操作すべて)を行う。テスラはシフトレバーもハンドル部分にあるので、モニター回りもかなりすっきりしている。なお、試乗車は外車仕様なのでウィンカーとワイパーが日本車と逆。

オートパイロットも初体験。道路の白線を画像認識して自動で運転をしてくれて感激。

ついに自分で運転!

そしてついに自分の運転の番。

ハンドルを握ってアクセルを軽く踏んだだけで、テスラ君は全力で加速してくれる。
でも変にGがかかるようなことはなくて、滑らかに、まるで上品なジェットコースターのように前に進んでいく。

停車中にブレーキを強く押し込めば勝手にPにギアが変わるので、渋滞中でもシフトバーをごちゃごちゃやる必要はない。というか、渋滞中はオートパイロットに切り替えれば操作すら要らない。

電気自動車なので当然音は非常に静か。
モーター音しかしない。静かすぎて逆に不安になるレベル。

ちなみに、ちょうど赤坂の迎賓館の周りを走っていてパトカーや警察官が多かったので(一度前も後ろもパトカーだった)、あまりスピードを出すわけにもいかず、テスラ自慢の速度を存分に満喫できなかったのは残念。

試乗自体は20分足らずで終わったが、電気自動車の、そしてテスラの滑らかな走りを体感できてとても良い体験だった。

f:id:sawalot:20180731233835p:plain

ちなみに、ちょっとわかりづらいけどルートはこんな感じ。テスラマークのところがショールームで、そこから表参道方面→乃木坂→青山→赤坂→東宮御所をぐるっと回って青山へ帰る。上り坂下り坂、片側4車線の直線道路、と色々なコースがあるので楽しい。

試乗はこちらからどうぞ

試乗はテスラのホームページからできる。
www.tesla.com

まだまだすごく沢山の人が乗ってるわけじゃないけど、これからは電気自動車の時代。
せっかくの機会だし、乗って見てはいかがでしょう。

Pinterestで「インフォグラフィック」を楽しもう

Pinterest」というサービスをご存知だろうか。

f:id:sawalot:20180729112613j:plain

写真が沢山並んでいてなんとなくインスタ(Instragram)っぽいけど、インスタとは違う。名前は知って要るけど、そもそも周りで使っている人もいない?

では、Pinterestとはどのようなサービスなのだろうか。

続きを読む