読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

権限と、責任

最近仕事を進めていく中で、「権限」と「責任」を意識する場面が多々ある。
自分は(最近下が入ってきたとはいえ)まだまだ甘ちゃんで、
やっと自分で仕事を作って、自分の範囲で仕事を進めることができるようになったぐらいのレベル。

自分で仕事を作れるようになってきた以上、見える範囲も広がってくるわけで、

「もっとこうしたら仕事が前に進むんじゃないか」
「もっと効率的なやり方があるんじゃないか」
とじゃんじゃん自分から成果物を作り、必要な範囲で周囲の人にアプローチし、打ち合わせの時間を貰い合意形成をし・・・と(ある程度)自律的に、能動的に動いているつもりである。


まだただの「指示待ち人間」でしかなかった頃、同期のヤツが、

「オレは物事を前に進めるんだったら手段は選ばない。嫌われ役になってでも、とにかく物事を前に進める」
と豪語していて、実際に成果も出していた(一番昇進が早かった)。
そいつのプロジェクトはなかなか要求が高く、先輩がばったばった(精神的に)倒れていくような環境だったので、頼れる人もいない中必死に目の前のことを解決し続けていったのだと思う。

自分はぬるま湯に浸かっていたなあ、今も浸かっているなあと思う。


ただ、そいつに刺激された自分がいた。

単純にかっこ良かったし、同期の中でもちょっと尖っているそいつみたいに、自分もなりたかった。憧れがあった。

だからこそ仕事を作って自分で進められる立場になった今は、
「少しでも物事を前に進めるために、やるべきことを厭わずやるのみだ!もう嫌われても知るか、物事が前に進めばそれでいいんだ!」
と意気込んで仕事ができている、と思う。

今まで頻繁に上司に相談していたのだけど、最近は自分1人で突っ走って物事を進めようとしていた節がある。
(今ハマっている某海外ドラマの影響もあるかもしれない。笑)


周りの反応ばっかり気にしながら生きてきた人生だから、この感覚はなんだか新鮮で、毎日がわりと充実している気がしていた。

(もちろんその裏では「誰に・誰から話をした、していない」「誰の合意を得た、得ていない」などの煩雑な承認手続きといった大企業の論理にイライラすることも多いが。)

 

そういうわけで最近はブレーキをかけるのを忘れていたのだけど、
お盆休暇明けにふと、
「こんなやり方で本当にいいのだろうか・・・?」と思い始めてしまった。
「こんな自分勝手に色々進めていって、本当にいいのだろうか?上司とか、お客様とかに嫌われたりよく思われてなかったりしないだろうか・・・?」と不安になってきたのだ。

不安に駆られ、とりあえずGoogleで「部下 勝手な行動」等と検索してみた。
色々見ていくと、特にいつもよく読んでいる"Books & Apps"の記事が印象的だった。

blog.tinect.jp

読み進めていて、”自分から動くこと”と”自分勝手に動くこと”は本当に紙一重だな、と感じた。
その違いって、結局は自分の権限を自覚していて、”その権限の範囲内で””自分から動くこと”こそが求められているのだなあ、と。

 

今のこのモヤモヤは、結局「自分自身の権限」が何なのかわからず、自分の判断で何をして良くて、何をしてはいけないのか、が自分でもわかっていないのが問題なのではないか、と感じた。

この点、今はお客様のチームの一員として入っており、指揮命令系統が2通りある(お客様→自分、自社の上司→自分)ことも1つの要因なのかな、と。

 

自分自身の権限は、きっと色々試しながらやっていくしかないのかなとは思うけど、
結局失敗したときに尻拭いしてくれるのは上司。自分1人では何も責任を取れない。

だからこそ、なるべく自分1人でやろうとするのではなく、何か行動をする前には相談して報告して、という当たり前のことをやっていかなければなあと思う。
じゃないと、「あいつには任せられない」となって、信用を失うよね・・・。
某ドラマで上司が部下に「過程はどうでもいい。結果だけ聞かせろ」と言うシーンがあって、それが「かっこいいじゃん、これこそがあるべき仕事のやり方じゃん」と思っていたけど、それは信用あってこそなんだよね(そりゃそうだ)

 

お客様に自分の判断だけでぶつかるのではなく、まずは自分の判断を上司にぶつけてみる、という過程を繰り返していくことこそ、今できることなのかな、と思った。

 

なんか、ごちゃごちゃになってしまったけど、終わり。笑

台風一過

台風9号が東日本を縦断している。
昨日の時点でここ静岡は直撃の予報だったけど、見事に東側にずれて東京直撃だったね。

そういえば、出勤時に台風に見舞われたのは今回が初めてだった。
学生時代の「台風のワクワク感(休講になるかも・・・!的な)」を一瞬感じたけど、朝起きたら電車は平常通りだし、なんならあんまり風も吹いていなかったし、期待はずれ。
会社について2時間ぐらい経った頃に暴風雨。
そして、電車も別に停まっていない。案外強いのね。

帰る頃には台風一過で、生ぬるい風に包まれながらゆっくり歩いて帰りましたとさ。

話は変わって、今日の話題はなんといってもリオの閉会式。
オリンピックが始まるまでは「正直今回、全然盛り上がらなくね?」と思ってたけれど、始まってみればなんのその。相変わらずのミーハー精神を発揮。笑
ライブで見て印象的だったのは、体操団体、錦織の準々決勝、レスリング土性、男女卓球団体、4×100mリレーかなあ。
(こうやって並べてみるとやっぱりおれはミーハーだ...笑)

リオの閉会式、とってもよかったよね。日本らしく、日本らしくなく。

なんかこうやって演出とかを取り上げるのは自分らしくないように感じるけど、単純に「やるじゃん!」と思ったし、「楽しい!」と感じたから取り上げてみた。
こうやって人を楽しませたり、喜ばせたりするって素晴らしいよね。

自分の仕事は人の課題を解決に導くことだから、その意味でマイナスをゼロに、あるいはプラスにするような仕事だと言えると思う。
これはこれで自分の性格に合っていると思うし、やりがいもあるとは感じている。

一方で、エンターテイメントでもものづくりでも、人の生活や感情を豊かにする仕事、つまりプラスを作り出す仕事ってとても夢があるし、楽しそうだな〜と。
(もちろんそんな簡単じゃないことはわかっているよ。笑)

自分は前者が好きな人間だとばかり思っていたけど、案外違うのかもしれないな。
学生時代音楽をやっていて人前に立つ喜び、人を楽しませる喜びを感じていたから、その意味では後者の方が合っているのかもしれない。
自分のこれからの仕事選びでこういう観点もあるのかもな〜と、閉会式を見て思いました。笑

 

閉会式の演出を見ていて、安倍ちゃんが出てきた後の、東京オリンピックで採用される33の競技を表したARの演出(5:30ごろ~)が単純にすごい!と思った。
スタジアムがまさにバーチャルの世界になっていて、まさに未来感満載という感じ。

 

地元もいいけど、やっぱり東京も好きだ。

世界でも類を見ないほどの魅力的な巨大都市東京に住んでいることをもっと誇りに思って、もって東京を楽しんでやろうと思った。

4年後が楽しみだね。

【読書録】中島聡「なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である」

Kindleを持っていて、最近かなり重宝している。
というのも、Amazonが"kindle unlimited"という本の読み放題サービスを展開していて、30日間のお試し体験ができるので、良さそうな・面白そうな本を片っ端からダウンロードしている。

そのうちの1冊がタイトルの本。

 

なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である

なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である

 

 

著者はMicrosoftでエンジニアとして活躍した経験があり、ビル・ゲイツに認められOS(Windows95,98)にチーフアーキテクトに携わっただけでなく、Internet Explorerやダブルクリック・右クリックの概念を生み出したすごい人らしい。全然知りませんでした。すみません。。。
(日本人エンジニアがMicrosoftの主要な人物として、様々な機能を生み出したという事実にまず驚いた)

そもそもこの著者は、Microsoft時代のみならず学生時代からCADツールを開発して多額のロイヤリティを稼ぐなど華々しい成果を残してきた人物で、本書ではそうした華々しい成果の裏にある彼の思考法、時間の活用法が紹介されている。


(独断と偏見で選んだ、)主なポイント


■締め切りを絶対に守ること。スマホアプリがリリース時に完璧なものでないように(アップデートがその後頻繁にあるように)、ある程度荒いものでいいからとにかく完成させて、フィードバックをもらうようにすること。
 →予定を組む際には、
 ①見積もり期間をもらうこと(納期までの残り日数の”2割”が目安)
 ②その”2割”の時間で「ほぼ完成」まで持っていくこと(プロトタイプを作ってしまうこと
 ③その”2割”の時間で「ほぼ完成」ができない場合には、これを危機的状況として納期の変更を検討するこ
 とが重要。

■ラストスパートは絶対悪。

■(タスクを進める上で、他の人との兼ね合いが必要な場合には)相手の仕事が上がってこなくともなんとか自分の仕事を進められないか考え、自分にできない仕事を進めていく

■「何かをしたい」という衝動があり、必要に迫られれば、人間は大抵のことができる。

 →「これは役に立ちそうだから一応やっておこう」という勉強は何もかも中途半端になってしまう。本当に
 好きなこと、やりたいことは何かを考えて、それをまず自分でやってみること。好きなこと、やりたいこと
 がわからない場合には、今やっている仕事の中で本当にやりたい仕事に繋がる共通点を見出すこと。


ざっと書くとこんな感じ。


所感

とにかく、仕事の進め方という点では「納期絶対厳守」で、プロトタイプ・たたき台をじゃんじゃん作って、フィードバックを貰いながら前に進めていくこと。

この点、自分が仕事を進める上での考え方に似通っていた部分があった。
つまり、なるべく早くたたき台を作ってフィードバックを貰いつつ、よりよいものにしていくことが何よりも大事だと考えていた。
でもこの本を読んで「あ、自分のやり方って間違ってなかったんだな」と実感し少し自信を感じることができた。

一方で、この人は朝めちゃくちゃ早く起きて朝のうちに仕事を片付け、日中は昼寝をしながら集中力を維持する、という仕事のスタイルを取っているそう。
そして、この仕事のスタイルを強く推奨していた。
でも、現実的に普通の日本人サラリーマンが同じ仕事のやり方をなかなかできないわけで。
事実今ちょっと特殊な環境下にあるので、PCは会社でしか扱えないし朝早く行って仕事する、というのもなかなか難しい。家でできること、オフィスでできることを見極めてそれぞれでやるべきことを考えていかなきゃいけないのでは・・・と思った。

余談だが、著者は「界王拳」という言葉を頻繁に使っている。
これは、見積期間として、またプロトタイプを作る期間としての"2割"の時間は、周りの全てのものをシャットアウトした状態(=界王拳)でやるべきだという文脈で出てくるんだけど、いかんせんドラゴンボールに疎いのでイメージしにくかった。
それこそ「精神と時の部屋モード」とかの方がもっとわかりやすかったんじゃないの?とか思ったりする(ドラゴンボール詳しくないのでこれが正しいかどうかもわからないが。笑)

というわけでつらつらと書いたけれど、読了後のレビューを書くのって難しいな・・・
読みながら、あるいは読んですぐに書き始めないと忘れてしまう。
今度からは読んでから書く、を習慣づけようと思う。

今日で長い夏季休暇が終わり。明日からまた仕事だ。
初日から台風直撃の様相を呈しているけど、大丈夫かなこれ・・・笑

 

2016.8.21

2/23

2月23日火曜日。そういえば今日は、富士山の日らしい(223でふじさん)。

静岡にいると、東京にいる時よりも富士山との距離が物理的にも、精神的にも(身近って意味で)近い。富士山に癒やされる日々、という感じはある。

今僕は、小さくて若い、まだ名前を言っても誰一人知っていてくれていない、某コンサルにいる。んでもって、勤務先は静岡の某お客さん。

仕事はそのお客さん社内のあるシステム刷新プロジェクトの支援。

今まさに、展開フェーズのまっただ中で、経営層からトップダウン的に情報が降りていくので、まずその経営層向けに「なぜ変わる?」「どう変わる?」を説明して理解と共感を得て、プロジェクトを進めていく必要がある。

つまるところ、まさにチェンジマネジメント的な支援をしているのである(方法論が十分に通用しているかどうか、ちゃんと使えているかどうかは別として。)

それで、今属しているお客さん先の部署の部長が、その説明行脚をしに行かなきゃならんので、僕はその部長のために手となり足となり、日々資料を作ったり、課題やスケジュールの管理をしたりしている。

 

なんだかんだはや2ヶ月近く経とうとしている中で、少しずつ仕事にも慣れ、膨大な作業量にも慣れてきたが、ここにきて今日初体験があった。

説明資料はパワーポイントで作るのが普通だけど、先日経営層(しかもかなり上の立場の人)がこれまでの方針に異議を唱えたことで、カウンタープラン的な説明(説得?)をせねばならず、という理由があり、今回に限っては「フリップボード」を使うことになった。

 

フリップボードは縦1.5m、横0.8mぐらいの長方形。

パワーポイントやエクセルのシートを印刷して、ここにペタペタ貼っていく。

表に3枚、裏に3枚計6枚あるが、1枚のボードにA4であれば10枚ぐらいは貼れるサイズ。

長年使われているものらしくて、2011年のものっぽい資料がまだ貼られていた。剥がすのにも一苦労だった。

 

 

部長からフリップボード作成の指示があったのが先週木曜日で、まずはエクセルで構成案を作成し、部長の部下(お客さん)に確認してもらって、メールをしておいた。部長は木金と不在だったので、週末で目を通しておいてもらえていたと思っていたのもあり、月曜の夕方部長が来るまでに、そのエクセルを基にせっせと製作していた。

カッターを使ったり、切り貼りしたりと久々の感覚で楽しさも感じた。

 

ところがどっこい、月曜の夕方部長が来て、「全然ダメ。やり直し」と言われた。

構成も使うスライドも何もかも覆された。

 

「いやいや、それなら送ったエクセルもっと早い段階で見て返信くれよ・・・」とは内心思った。理不尽だなとも思った。でも、気持ちは押し殺して構成を再検討して、夜もう一度部長に出し、GOサインをもらった。

 

で、今日1日中製作していたが、部長がかなりこだわる人ということもあり、せっかく貼ったものをあっちこっちに貼り直し、その度に紙が破れて印刷して・・・というせわしない1日だった。

最後に部長からOKをもらい事なきを得たが、帰りの電車で先輩(うちの会社の先輩)から2つのアドバイスを貰った。

 

・わからない、作業が間に合わなそう、なら聞け。相談しろ。

→会社に入ってもうすぐ1年になるとはいえ、まだこんなことを言われているようじゃダメですね。。。自分では色々聞いているつもりでも、わかったふりをして自分を納得させようとしている。

結局このことの本質は、「自分を悪く思われたくない」「失敗したくない」が根底にあるのだと思う・・・。先輩をもっと信頼して、ぶつかっていかないと。

そうでないと、先輩を悲しませることになる。わからないことがあれば気持ち悪くて帰れない、ぐらいの気持ちを持たないと、この先上に立って全体を見ることだってできっこないだろう。

もともと今回のボード作成も、先輩からの指示で僕がオーナーシップを持ってやると最初に合意したのだが、結局先輩主導で進める結果になってしまった。自分から能動的に聞かなかったので、先輩も心配して手を出してくれたのだと思う。

オーナーシップを持てば持つほど、不安になるし相談もするだろう。まだまだ自覚が足りないな、「やらされてる感」「作業者マインド」が強いな、と気付かされた。

 

・今あるものを鵜呑みにしすぎるな。疑問を持て、疑え、本質を問え。

→資料作成時には、これまで蓄積された資料を転用したり、それを参考に新たな資料を作成したりするのだが、その資料も必ずしも正しいとは限らない。

説明相手に応じて、「この資料は本当にこれでいいのだろうか・・・?」と思わないと、本質を見失ってしまう。

ただ単に「あの資料を使ってこうこうこういう資料を作ってくれ」と言われたときに、そのまま作ってちゃ「自分」がない。上にも書いたようにただの「作業者」でしかない。

 

もっと考えないと。「なぜこうなのか」「どうすればもっとよくなるか」を追求していきたい。適度にこだわりを持って、どうすればよりよいものが作れるのか、考えていきたい。

何よりも今は、自分のことを見て、考えて、フィードバックをくれる先輩のために頑張りたい。うちの会社には新人賞的なものがあり、2年目までの社員に受賞資格があるのだが、先輩はいつも「sawalot君には新人賞を獲らせる」と言ってくれる。先輩に応えたい。

そしてその先に、直接のお客さんである部長や、お客さんの会社の人を少しでも幸せにできるのかなと思う。

がむしゃらにやってやろう。

 

 

フリップボードの作成は、色々と考えさせられた。

普段デジタルなパワーポイントを使っているからこそ、アナログなものの中に発見があるのだな〜と実感した。

 

長くなりすぎた。以上。

春一番

東京は今日も暖かかった。23度だったそうな。

春めいた生暖かい風は、「冬の終わり」を感じてなんだか寂しくなる。

長く厳しい冬が過ぎて春は待ち遠しいもの、というのが定説だけど、

大学生の時の春というのは、学年が変わり、刻一刻と社会人の足音が近づいてくる感覚が嫌で嫌でたまらなかった。

春は嫌でも「変化」を強く意識させられるから、変化への抵抗もあるのかもしれない。

とはいえ、生暖かい春の風と日差しはなんだか良い気持ちはしないのである。

 

季節性のうつ病は春が断然多いらしい。

気候が極端に変化し自律神経に異常をきたすこともそうだが、やはり新たな生活や出会いや別れ、環境の変化によるストレスも大きく起因しているらしい。

だから、やっぱり春は「変化」があること、それを意識させられることが余計に、寂しさを助長させるのかもしれない。

まあ、そんなことをつらつらとほざいていても季節は変わるわけで。。。

 

自分にとってはこの1月が大きな変化の1ヶ月だった。

東京勤務から静岡勤務に変わり、毎週東京と静岡を行き来する慌ただしい生活。

生活環境もそうだけど、人間関係も変わり、気づかぬうちに大きなストレスが溜まっていたようで、2月初旬は体調を大きく崩してしまった。

自分は変化への対応が強く持っているとは思わない。そのことを自覚して自己防衛しないと。いつも自分を誇大に見せようとして、自分自身すらごまかそうとして無理をしてしまうので、もっと自分中心で色々動かないと、と思うこの頃。

 

生活環境はやっとこさ落ち着いてきたけれど、仕事ではまだまだ変化が沢山ありそう。自分の心と体と向き合いながら、1つずつ対応していこうと思った。

【映画録】『セレンディピティ』

僕の見る映画は基本的にTV放送されたものを録画したもの。

1週間に2〜3本録って、たまーに消化している。

映画館なんて、2年ぐらい行ってない気がする。

映画を見るきっかけなんて大してなくて、ただ心の栄養がほしい時にふらっと、見たいなあと思ったときに見るという感じ。

たまに見た映画を記録していこうかな、と。

 

今回はジョン・キューザック主演『セレンディピティ』。

BSプレミアムでやっていたものを適当に録っていた。個人的に、「(500)日のサマー」だったり、「ラブソングができるまで」だったり、「about time」だったり、ラブコメ的な、ハートウォーミングな話が自分は好きらしい(女子か!)。

セレンディピティ」とは、「予期せぬ幸運」のことらしい。映画でも、「運命(destiny)」がキーワード。

 

あらすじはyahooさんにお任せします。

セレンディピティ - 作品 - Yahoo!映画

数年前に偶然出会い、たった数時間過ごしただけのジョナサン・サラが、結婚を控えてその「運命」の出会いを忘れきれず、お互いを探し続け、最終的に・・・という話。

まあ、一言で言うと、「運命を信じて、強い思いを持って行動すれば夢って叶うよね〜〜」って話。

うーん、正直安っぽいなあと思った・・・笑

「そんなうまくいくわけ無いだろ!」と。映画だなあ、という感じ。

正直、時間的に1時間半というかなり短い映画だったのも有り難かった。

2時間映画だったら、退屈して見るのやめたかも・・・。

 

というわけで、☆☆ですね。もう見ないかな・・・。

 

最近

先日、健康診断の結果が帰ってきた。

去年もそうだったけど、今年もすこぶる良好で一安心。

中性脂肪」と「尿素窒素」に「L(LOW)」のマークがついていたけど、基準値と誤差程度だったしまあ、問題無いでしょう。

 

会社の1個上の先輩たちが、健康診断で軒並み異常値を出していて面白い。

やっぱり社会人になって1年半も経つと、色々とストレスが溜まっちゃうのかな、それが生活習慣を悪くして、体の不調だったり、異常として出ちゃうのかな、と思ったり。気をつけねば・・・

 

そういえば、ここから先2週間ぐらい、久々に(会社の人との)予定が目白押し。

先日内定式懇親会に出て某外資系ホテルでのビュッフェだったり、座禅体験?だったり、人事部長との会食だったり・・・なんだか濃い。笑

 

そういえばちょうど今、会社の海外事業推進のプロジェクトが水面下で動いていて、興味とやる気があれば誰でも参加できる、というスタンスだったのだけど、正直「まず自分の仕事すらままならない新入社員がでしゃばるのもなあ・・・」と思っていた。

だけど、そのプロジェクトリーダーとこの前話して、自分の海外に対する思いを話したら「もっと早く言えよ」と半ば怒られる形で、今週から入ることになった。

今更ながら明日が初参加。ちょっとわくわく、だいぶ緊張。

そんなこんなで、定時後の予定がばんばん埋まっていく・・・。充実?してるのだけど、ちときつかったり。笑

 

来月に簿記2級を控えているが、勉強時間を確保せねば・・・というのが最近の大きな課題。色々立て込んでいてあんまりできてない。

時間の使い方見なおそう・・・まずはお金振り込まなくては。