読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

秋の気配

急に寒くなりましたね。

先週から風邪っ引きになり、咳が止まらない。

寒くなってきて、ちょうど去年の今頃短期留学いたトロント(カナダ)を思い出した。

10月上旬でも最低気温10度を下回るぐらいには寒くて、しかも多分去年の今頃は、着いて2日目とかで時差ボケに苦しんでいた頃。懐かしい。

カナダでは英語を勉強しに行ったのもあり「洋楽聞かなきゃ」的な誇大妄想があり、でも洋楽とか全然知らないので、とりあえず流行ってそうなBruno Marsとか聞いてた。

だからBruno Marsを聴くとなんだかトロントを思い出す。寒くなってきたら、なおさら。特に「treasure」が好きで、語学学校の行き帰りによく聞いてた。

あー、懐かしいな。辛かったな、1ヶ月半。笑(いい思い出です。。。)

 

以前、「何かテーマを決めてエッセイを書く」だなんてえらそうな話をしたはずなのだけど、約2ヶ月も空いてしまった時点でもう破綻してしまっているので・・・徒然と思うことを書いてゆきます。(どうせ、誰も見ていないだろうし・・・)

それにしてもまあ、最後の投稿が「イカフライ」だなんて自分で言うのもなんだけどいかしてますね〜

 

はい、というわけで。4月に入社して10月で半年が経ちました。

社会人になってからって、本当に時が経つのって早いのね。

「社会人は時間がない〜〜」とよく言われていたけど、ほんとに時間がない。

 

学生時代は毎日がエブリデイ的なね、もう毎日好きなことして過ごしてたわけで、それはもう時間が有り余っていたはずなのに・・・バイトばっかりやってたなあ、と今更ながら後悔。

土日なんて概念がそもそもなかったので、今以上に気の抜けない毎日を過ごしていた気がする。

その意味では、平日しこしこ働いて、休日休んで、というメリハリがある生活は悪くない。その分、1週間、1ヶ月が過ぎていくスピードが段違い。

 

月曜日、「ああー月曜日だー1週間だりー」って言いながらどうにか切り抜けて、

火曜日、「ああーあと4日もある、きついわー」って言いながらまあなんとかやり過ごして、

水曜日、「やっと半分だー」って言いながら夜飲んで、

木曜日、「明日行ったら終わりだ」って言いながら時間がなかなか過ぎなくて、

金曜日、「やっとおわりだーーー!!」って言いながら浴びるように飲む、

そして気づいたら平日が終わり、気が付くとまた日曜の夜・・・というルーティン。

そんなこんなで半年経っちまいました。

 

それでもね、シルバーウィークに関西旅行に行ったり、土日はうまいもん食いに行ったり、お金があるから社会人生活満喫しとりますよ。

 

そういえば、ブックオフで小説を買いました。

最近ビジネス書ばっかり読んでいたので、たまには心の栄養を。

小川糸「食堂かたつむり」向田邦子「父の詫び状」の2冊。

読むぞ−!