読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モチベーション

どうせ誰も見ていないので、備忘録として書こうと思う。
(ブログって、後から見返して「あの時ああいう風に感じてたな〜」と過去に浸ることに価値があると思うので。)

 

水曜日はノー残業デーだ。昨今の働き方改革の一環で、お客さんの管理部も労働時間の管理に非常に煩い。

水曜日に残業をしたら別日に振り返る必要があり、色々と面倒なので水曜はなるべく早く仕事を終わらせ、夜の時間を充実させることに徹している。

 

ところで、新年明けて約2週間とちょっと、正直仕事に対するモチベーションの低下が著しい。

 

今のプロジェクト(とはいえ、定義を厳密に突き詰めれば「プロジェクト」ではないが)にアサインされて1年が過ぎ、「あと少なくとも半年もここにいるのか・・・」と思うと先が思いやられている。

去年の1月に比べて、できるようになったこと、先輩やお客さんとの関係、自分のスタンス含め全て大きく変わったと思うけど(そりゃそうだ)、正直マンネリ化しているのだと思う。

転職を含め将来のビジョンを考えた時に「今自分がやっていることがどこにどう繋がっているのか」が見えないのも原因の1つだと思う。

 

そして「業務支援」という形でのプロジェクトなので、明確なスコープ(自分がやるべき業務の線引き)が曖昧で、「果たして自分はどこまで関わるべきなのか?」を自分でも判断できていない。

仕事はある程度まで自分でコントロールできるが、何をするにもお客さんの許可がいるし、お客さんに動いてもらえないと自分では動けない。

このあたりの「身動きの取り辛さ」が正直結構きついのかもしれない。

 

昨日、毎週定例会議をしてくれている1個上の先輩(毎週悩み相談をしたりしているので、もはやメンターだ)とも話をしていたけど、「「仕事に慣れたこと」はもちろん「単調な生活」に飽き飽きしているんじゃない?」という指摘を貰った。

それは確かに的を得ていて、東京とここを行き来する生活が正直疲れてきてしまっている。新幹線で金曜の夜に東京へ、日曜の夜にこちらへ、という生活はプライベートも制約されるし、体力的にも精神的にもきつい。

だからこそ、新しいコミュニティや新しい取り組みに積極的にチャレンジしていかないといけないのかもしれないけど。

(とはいえ今は「転職活動」という大きな野望があるので、足元ではしっかり対策をやりつつ、余裕を見て色々やっていきたいと思う)

 

「自分のやっている仕事を純粋に楽しめなくなってきたら終わりだな」とつくづく思う。やるべきことをやる、ということは大事だけど、もっと自分の気持ちに正直になっていいと思う。

こういう思いや気持ち、もやもやを正直に先輩や部長に伝えないと後悔すると思う。

 

今日仕事中、一瞬「転職活動」をしている自分について考えた。

何のためにやっているんだろうか、と。

自分のキャリアややりたいことの軸に今の会社がないから、転職しようとしているのか。

それとも、ここを早く出たいがために、今の状況を変えたいがために、東京に帰りたいがために、「会社を変える」という手段を使おうとしているのか。

 

多分、どっちもだと思う。

他のプロジェクトに行っても先はなんとなく見えていて。

アサインされたメンバーに業務や知識が属人化されてしまって、なかなか抜け出せないという悪循環は、他のプロジェクトでも慢性化している(特に同期の話を聞いていても、それは実感する)

 

自分はもっと広く、色々な人と仕事をしたい。
「終わりのある仕事」、つまりプロジェクトワークがしたい。

この思いはずっと変わらないし、多分原点な気もする。

 

しばらくはモヤモヤし続けるんだろうな。

そして、きっと転職活動もなかなかうまくいかないんだろうな。正直自信はない。

でも、自分の人生を変えるのは自分自身だし、努力あるのみ。

 

うーん、まとまらない文章だけど・・・まあいいか。笑